ふすま・障子張り替え

インテリアかわちゃんでは、ふすまや障子の張り替えにも対応可能。

紫外線や湿気などによって徐々に劣化していくふすまや障子。
「破れている部分がある」
「変色していて見た目が悪い」

こういったお困りごとは当社までお気軽にご相談ください。

 

○ふすまの張り替え時期

ふすま紙の種類や、設置されている環境によって異なりますが、10年前後を目安に張り替えされるのがおすすめ。
お正月など、来客のご予定があるときに張り替えを検討される方が多いようです。

張り替えチェックポイント
□ 破れている
□ 全体が色あせている
□ 黄色や茶色のシミが目立つ
□ カビが生えている
□ ふすま紙にたるみや突っ張った箇所がある
□ 桟の跡が残っている

 

○障子の機能性

障子紙は、紫外線や湿気などの影響で次第に劣化していくもの。
破れや汚れが目立っていないとしても、5年前後を目安に張り替える方がいいでしょう。

・通気性
冷気・暖気の出入りを押さえた、“気密性”の高さが特徴である近年の住宅。
省エネに大きく貢献する一方、皮膚アレルギーを発症する方が増加してきたというデメリットも報告されています。
障子のある部屋は高い通気性が保たれるため、アレルギーでお悩みの方にもぴったり。
空気を入れ替え、室内環境を改善することで、症状の緩和が見込めると言われています。

・吸湿性
高湿度が特徴の日本の住まいにとって、吸湿性に優れている障子は最適な建具だと言われています。
洗濯物を部屋干しする際も、和室で干せば生乾きの気になるニオイも抑えられます。

・断熱性
障子の内側と外側の両方に温度計を置いて、室内温と室外温を計測する実験を行った結果、障子内が13℃、障子外が9℃で、なんと4℃も差があることが判明しました。
この結果は、カーテンはおろか、2重のガラス戸よりも断熱性が高いということを示しています。

【電話】090-8217-0823 (事務所:0799-35-1010)
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~18:00 (不定休 ※お盆・正月除く)
【対応エリア】淡路島全域

一覧ページに戻る